朝日も夕日も、キレイなのはなぜ?

灯りの色温度を表すK(ケルビン)。一般的な太陽は5,300Kで、満月は4,000Kと言われています。低いほど人の心や体を落ち着かせ、高いほど人に活力を与えるそうです。「星と時のヴィレッジ」では、その色温度にこだわりがあります。「わが家に帰った時、ホッとなごんでほしい」という想いから、2,700〜3,000Kに設定。これは「日の出・日没」の光と同じ値で、ハワイ等のリゾート地も同程度に設定されています。朝日や夕日をキレイと感じる理由は色温度にアリ! そのカラクリが、街全体に再現されています。

心と体を癒す、
やわらかな照明計画