葉っぱや花とふれて感性は磨かれる。

好きな植物の色。珍しい葉っぱの形。鼻をくすぐる花の香り。どうしてこんなに種類があるのでしょう。 幼い頃、落ち葉を拾い、絵の具を塗って画用紙に押し付け、その模様を楽しんだ記憶があります。植物や花は、知的好奇心を育む第一歩。 砂場あそびといっしょで、その子の感性を磨いてくれる存在でもあります。手でふれて、見て、感じる。 「星と時のヴィレッジ」の子どもたちは、毎日が発見の連続です。